忍者ブログ

ゼニススーパーコピーhttp://www.tokei123.org/brandcopy-l-47.html

ゼニススーパーコピーhttp://www.tokei123.org/brandcopy-l-47.html

ポール・スミス、原点のテーラリングに回帰【2017-18秋冬コレクション】

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

ポール・スミス、原点のテーラリングに回帰【2017-18秋冬コレクション】

ポール・スミス、原点のテーラリングに回帰【2017-18秋冬コレクション】
Paul Smith)は、国立高等美術学校(ボ・ザール)のホールを会場に2017-18年秋冬メンズメンズコレクションのショーを開催した。今回は特に2017-18年秋冬ウィメンズメンズコレクションも交えたが、ルーツにテーラリングが存在するため、両コレクションを同時発表するに至ったという。
今シーズンは、ブランドの原点や美学を表現する様々な要素を随所に落とし込み、ポール・スミスらしさを打ち出している。英国らしさを象徴するようなプリンス・オブ・ウェールズやブラックワッチタータンなどのチェックをあしらったスーツには、デニムシャツや羽モチーフのシャツなどを合わせてカジュアルダウン。パッチワークパーカやムートンのアビエータージャケットなどのワークウエアにも、アニマルモチーフをスカンジナビア風にあしらったニットや鳥の羽とペイズリーを描いたプリントシャツ、小花を散らしたエクスクルーシヴなリバティプリントのシャツなどをコーディネートし、その落差を遊びに替えている。
特にキーモチーフとなったのが、様々な色の羽を描いたプリント。シルクにプリントされたり、コートに手刺繍を施されたりし、ベーシックなスーツに彩りを添えていた。それに呼応するかのように、様々な鳥を描いたプリントや刺繍も登場。そんな具象的なモチーフが、オーセンティックなアイテムにコントラストを付けるのだが、その遊び心こそがポール・スミスらしさであると再確認できるコレクションとなっていた。
http://zamao.wa-syo-ku.com/
PR

コメント

プロフィール

HN:
www.tokei123.org
性別:
非公開

P R